遺品整理と孤独死

遺品整理をテーマとした映画なども存在しますが、そもそも「遺品整理」とはどういったことを指すのでしょうか。

遺品整理は、その名の通りとも言うべきでしょうが、故人が残した品を「整理」するというものです。

最近ではニュースでも取り上げられていることも多い「孤独死」。

遺品整理はこのいたたまれない事象において切っても切れない関係があり、遺品整理ネクスト等の、専門業者への需要も高まっていると言われています。

亡くなった人が残した遺品を遺族で分けることを「形見分け」と言います。

また、遺品整理の専門業者でなくとも、遺品を処分するという業務を行っている業者もあります。

ただしこういった業者は料金が一定ではなく、処分する内容によってかなり違ってくることも事実です。

先述した孤独死の場合、一人で亡くなり一定期間誰にも気づかれなかったという状態からも想像がつく通り、たとえ家族がいても故人の遺品の整理を業者にお願いするケースが多いようです。

遺品整理をする業者は、亡くなった人の最後の締めくくりを家族に代わって行っているのです。

なお、遺品整理において、いくら「思い出の品」とはいっても、故人のプライバシーに深く関わっているものについては業者が個人と遺族の心情に配慮し、処分するということもあるようです。