医療脱毛に向く人

Posted on

脱毛ケアもさまざまな方法があります。

自己処理から始まって、わきなどを安価で行う脱毛サロン、アンダーヘアならブラジリアンワックスも良く知られています。

その中でも人気があるのが医療脱毛です。

では医療脱毛に向くのは、どんな人でしょうか。

医療脱毛できれいに脱毛したい、美肌効果の狙える脱毛にチャレンジしたい、きれいにツルツルの状態にしたいとなると、永久脱毛ができる医療脱毛がおすすめです。

脱毛サロンの3倍とも言われる強力な施術ですから、より早くキレイに脱毛効果が得られます。

時間をかけずに脱毛したいという場合にも医療脱毛はベストです。

脱毛サロンで10回から18回は通うケアも、医療脱毛なら6回から8回で完了するといわれています。

脱毛サロンで結果が出ずに、長期間通っているという人も、医療脱毛なら計画的に脱毛プランが立てられます。

コストも回数を重ねても結果が出ない場合と比較すれば、それほど価格に違いがないことは良く知られています。

予約が取りにくい脱毛サロンの場合には、さらに時間ばかりがかかってしまいますよね。

皮膚が弱いなど、医療機関でケアを受けたいと考える人もいます。

新宿の医師のいるクリニックでの施術のメリットは、何かあった時のバックアップです。

肌に異変を感じてから医師に通うのでは遅いのです。

その場で医師が処方箋を出してくれるので、安心感が違います。

クリニックの医療脱毛のメリットを知って、他の脱毛方法と比較検討するのがベストです。

◎関連ページ→スベスベの肌になれる“ムダ毛処理&脱毛方法”のまとめ – ライブドアニュース

通勤・通学に便利な新宿のクリニックなら、通いやすいのもいいですよね。


医療脱毛の施術後のケア

Posted on

新宿で医療脱毛の施術が終わったら、冷却ケアをします。

熱くなったり、毛穴が赤くぷつぷつしたりしている時もありますが、メラニンがレーザー光線に反応しているために起こることで、特に問題はありません。

人によっては数日間続くこともあります。

しかし1週間を超えて症状が消えないという場合や、かゆみを伴ってくる場合には、薬を処方してもらえます。

かゆみがある場合に、かきむしってしまうとあとが残り、色素沈着などの危険があります。

毛抜きなどで長期にわたって自己処理をしてきた人の場合、刺激によって表皮が硬くなって毛が自力で表皮から生えて出てこなくなっている人の場合、毛膿炎という症状が出ることがあります。

これは埋没毛などとも言われ、ムダ毛が抜け落ちる時に、表皮から抜けてくることができずに埋没したまま残り、そのことで炎症を起こしてしまう症状です。

かゆみなどがともなう場合には、クリニックに相談しましょう。

その日の体調が左右することですが、赤味が強くでたり、色素沈着、色素脱失のような症状が一時的に出ることがあります。

レーザー光線で一度にムダ毛を処理するので、肌が乾燥してしまうこともあります。

乾燥が進んでしまうまえに、手持ちのものでも構わないので、保湿ケアをしましょう。

保湿のアイテムは香料などの刺激物の少ないタイプを選びましょう。

新宿での医療脱毛後にはお風呂でこすったり、日焼けしないように日焼け止めを使いましょう。

毛抜きを使った自己処理はやめて、脱毛プランが終わるまではかみそりを使用する程度にしましょう。

※万が一の時の為に⇒【URL:http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/biyo.html


新宿での医療脱毛の手順

Posted on

医療脱毛の歴史は、レーザー脱毛の歴史を考えると良くわかります。

1995年にFDA(アメリカの厚生労働省)が効果と安全性を承認したことで普及しました。

レーザーによる脱毛ケアは、専門的な技術と知識に基づいた施術ですから、医療機関のみが使用を許されています。

レーザーはメラニン色素にのみ反応して熱を出し、ムダ毛の根本から破壊して脱毛します。

エステの光脱毛との違いは、照射のパワーが違う点です。

永久脱毛は光を用いた脱毛機器ではできません。

照射を行う前には日焼けはできません。

日焼けした肌は、肌のメラニンにレーザーが反応してやけどの原因を作ります。

脱毛ケアを行っている間は、太陽光線に直接当たらないように長袖などを着用、日焼け止めを使って日焼けを防ぎましょう。

顔のレーザー脱毛は、メイクをきれいに落として行います。

レーザー光線を残ったメイクが過剰に吸収してしまうと、やけどの原因になります。

日焼け止めや化粧水、乳液といった基礎化粧品も同様です。

新宿のクリニックでは化粧室も充実しています。

新宿の医療脱毛の施術の予約を入れたら、その日に向かってムダ毛の自己処理はやめます。

しっかり毛根ができた状態で、施術の前の日にかみそりを使います。

当日施術では、輪ゴムではじかれるような痛みがあります。

痛い時は身体を動かさずに、出力の調節をしてもらうように申し出ましょう。

ムダ毛が密集している部位、太い毛が多いところは痛みを感じることが多いです。

施術後は少し熱くなったり赤味が出ることもあります。

痛さが残ったり、違和感を感じたら相談しましょう。


きれいになろう、新宿の医療脱毛

Posted on

医療脱毛はレーザーを使用します。

レーザーの波長が黒いムダ毛のメラニン色素に吸収、発熱して、色素だけでなく毛母細胞の部分を破壊します。

このことで、ムダ毛は再生力が低下するので、これを繰り返すうちに脱毛効果が出るという仕組みになっています。

エステ脱毛と違うのは、医療脱毛はレーザーを用いるため、出力が高くなります。

そのため、ムダ毛のケアだけでなく、皮膚に影響が出るリスクもあります。

やけどにならないように冷やしながら施術を行います。

皮膚のメラニン色素が濃い場合は、レーザーの吸収量が必要以上にあがります。

日焼けで真っ黒に肌を焼いている人、施術箇所にほくろや色素沈着などがある人はあらかじめ相談しておきましょう。

色素の濃い施術部位にあった波長の長いレーザーを用いることもできます。

医療脱毛は1度で全ての脱毛が終わるわけではありません。

毛周期の成長期にあわせたタイミングを見て、施術後の肌が落ち着くのを待って繰り返し脱毛ケアを行います。

個人差はあるものの、1~3か月の間に1度施術をするようにすれば、新宿のサロンに3回から6回で十分な効果を得られるとしています。

医療脱毛は医療行為に相当しますが、脱毛は美容目的の範疇なので保険の適用対象外になります。

新宿のエステの激安脱毛サロンに比較すれば高額になりますが、必要回数が少なく期間も短いので、総額では双方とも同額程度のコストになります。

痛みは人によって感じ方がさまざまですが、一般的に痛いといわれています。